下ハン握って、アウターで。

大学時代の愉快なメンバーを中心に、ロードレーサーを縁にまた集まったり集まらなかったりする活動記録

事の馴れ初め ーその2ー

 

前回の記事でメンバー紹介ができたので(できたのか?)、今回はどうして集まることになったのかって言うところを書いていこうと思う。

 

僕(ニノマエ)の場合、大学を出て就職したものの、地方勤務ってことで今は東北くんだりに住んでたりするわけなんだけれど、たまに関東に戻ったタイミングでヒイラギやてんちょ、アンディとたまーに遊ぶことはあってもロードバイクのロの字も出て来やしなかった。

 

みんな、就職して働き始めたり 院や別な専門校に進んだりで思い思いの新しい暮らしをスタートして、ほぼ丸一年になろうっていう3月くらいに話は遡る。

f:id:ninomaeituki:20140306152714j:plain

 

さなっぺからLINEが入る。

およそ半年ぶりのコンタクトである。

 

なんでも、りょま がロードを始めたいそうだ、とのこと。

 

さなっぺ・りょまが知ってか知らずか、そのタイミングで僕はGHISALLO GC-3のフレームを持て余していて、ヒイラギはSHIMANO・105(コンポーネント、自転車の駆動にかかわるパーツ群)をフルセットを余剰パーツとして手元に置いていた。

f:id:ninomaeituki:20150831224026j:plain

 

いや、そうホイホイ余るもんじゃないんですよ?自転車パーツ。

 

ともかく書くととっても長くなる複雑な経緯で僕の手元には自転車一台分のパーツが揃い、りょま車としてGHISALLOが復活した!

f:id:ninomaeituki:20150429142219j:plain

 

とても雑に端折ったから、ネタ切れで書くことなくなったら書こうかな。そのうち。

 

そんなこんなで、さなっぺ・りょまの間で進んでいたロードバイクの話に僕が加わり、ヒイラギを引きずり込み、アンディがBIANCHIを購入し、ヒイラギがてんちょを誘って・・・今に至る。

 

今日が8月31日で、思えば半年もしないうちに一人増え、二人増え。トントン拍子でここまで来た。6人6台で走れる日が、早く来るといいなぁ・・・