読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下ハン握って、アウターで。

大学時代の愉快なメンバーを中心に、ロードレーサーを縁にまた集まったり集まらなかったりする活動記録

宮城合宿ー2日目ー

再びアンディです。

 

朝4時半に起きて新幹線に飛び乗った。8時には仙台のスターバックスで朝食を取っているのだからなんだか変な感じがする。既に仙台で合宿をしていたさなっぺ、ニノマエと合流して宿2日目がスタートした。

 

コースは仙台-泉ヶ岳 の約70km。

 

かつて僕たちを苦しめまくったヤビツ峠よりも斜度が厳しいということでまいったなぁと思っていたのだけれど、坂が近づいてくるにつれて僕のテンションがあがってくる。「いやー!大変らしいんでしょ?今回も!」「やばいなーおれ無理かもなー死ぬなー」みたいな。全然登る力もないくせに気質は一丁前にクライマーになっていたようだった。

 

東京と違って仙台の道路は広く、車線も多いし、車の動きもなんだか余裕がある気がする。空も広いし気候も涼しくて、重い自転車背負って東京から出てきた甲斐はあった!間違いなく!

f:id:ninomaeituki:20150922212302j:plain

 

しばらく平坦が続く。さなっぺもニノマエも平坦屋だからかぐんぐん進んでいく。平坦はあまり得意ではないのでアンディは初速のときにちぎられてしまう。

 

 

 

登りは確かに厳しかった。一生懸命登って、ちょっと緩くなったところで軽い下りがある!と思ったニノマエと希望をもって登っていたらその先にとんでもない漫画坂(シャフトに出てきそうな)

「ああむりだわこれ」ということで二人で足をついて休憩した。

右足も左足もぴくぴくしていて今にもつりそうだったけれどニノマエが事前に用意してくれていた補給食のおかげで最後までつらずに済んだ。

f:id:ninomaeituki:20150922212451j:plain

 

 

さなっぺはぐんぐん進んでいって見えなくなっていた。

あの子あれだ、オールラウンダーなんじゃないか。

 

 

待ちにまった下りはさなっぺもニノマエも大盛り上がりだった。「飛ばしすぎないようにしよう」とか言ってたくせに時速70キロとか時速80キロとか出していたようだ。

かくいう僕も人生初の70キロ台を体験して大興奮だった。

両側の景色がぐんぐんぶっ飛んでいって、風が強すぎて耳は聞こえないしジャージはバタバタ暴れまくった。爆笑していた。爆笑しながら下った。

危ないけどね。ダウンヒルは最高だ。

f:id:ninomaeituki:20150922212619j:plain

 

 

帰りはまたずっと平坦。さなっぺニノマエもちょこちょこ談笑しながら走っていたが僕にはそんな余裕はなかった。どこかで体力を完全に使い切ってしまっていたようで、信号前で足をつくとその足ががたがた震えるくらいだった。

 

f:id:ninomaeituki:20150922212328j:plain

 

かえってから洗車。シャワーで水をばーーーっとかけて、思いっきりね。

自転車もぴかぴかになってよかったけど蚊に刺されまくった。全員O型なんだよね。愛称は最悪さ。

f:id:ninomaeituki:20150922212931j:plain

 

晩御飯はニノマエがカレーを作ってくれた。ズッキーニやら鶏肉が入ってるやつね。もずくもついてて明日も頑張れそうだ。

 

 

 

とにかく仙台は空も道も広いし涼しくて過ごしやすい。充実した合宿になりそうだ。

 

f:id:ninomaeituki:20150922212512j:plain