下ハン握って、アウターで。

大学時代の愉快なメンバーを中心に、ロードレーサーを縁にまた集まったり集まらなかったりする活動記録

ツール・ド・ちば ー第1ステージー

あいにくの曇り空ではあるが、予報では雨になっていた事を考えると 天気がもっていてくれているだけでもありがたい。

 
さぁ、朝ごはんの前にエントリーを済ませてしまおう。
前日に早く着いていたさなっぺとヒイラギはすでに済ませていたが、僕(ニノマエ)を含め残りのメンバーは夜のと到着、やむなく早朝エントリーである。
 

f:id:ninomaeituki:20151023004214j:image
 
前後のライト、ベルの装着はオッケー!書類も持った!
りょま・アンディ「え?ハンコいるの…」
5人もいれば誰かしら何かやらかすとは思ったけど、まさかこんなに早くから…
 
なんとか、サインで勘弁してもらえた。
 
開会式。巡行速度ごとに並び、偉い人の話を聞いたり準備体操したり。
そして、いよいよスタート!この日をいったいどれくらい待ち焦がれたろうか。五人揃ってスタートラインを切る。
さぁ千葉っていこう!(この大会伝統の掛け声らしい)

f:id:ninomaeituki:20151010080924j:plain

 
序盤からアップダウンが続く。
そしてまだあまり距離を走らない、足の暖まっていないうちにいきなり今大会の一番の山場が来る。
愛宕山…これを想定して合宿では泉ヶ岳も登ったし、八木山を何度も攻めた。
けど!
やっぱり登りは苦手だし嫌いだ…
さなっぺはスイスイと登っていってしまい、すぐに背中が見えなくなる。続いてアンディにも抜かされる。
 
この二人の登坂力は本当にすごい。
 
登り終え、緩い下りと細かいアップダウンを越えると昼食開場。
暖かい豚丼としじみ汁…あぁ、紅しょうがの酸っぱさが良い感じ!
 
後半は斜度はあるながらも、短い登りが連続する。ここぞパンチャーの見せどころ!といわんばかりに、車体を大きく振るダンシングでパワフルに登っていると、後ろのさなっぺが一言。
 
さなっぺ「ニノ…視覚的にうるさい。」
 
悪うござんした。

f:id:ninomaeituki:20130519062147j:plain

 
そんなこんなで、ニノマエ、さなっぺ、りょま、アンディはゴール。
途中でちぎれてしまったヒイラギもややあってゴール。
無事、一日目 93㎞を、完走しました!