読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下ハン握って、アウターで。

大学時代の愉快なメンバーを中心に、ロードレーサーを縁にまた集まったり集まらなかったりする活動記録

コラム:独断と偏見の空気抵抗

コラム「独断と偏見」シリーズ、今回は空気抵抗について!

自転車は風との戦いである。
と、言ったのが誰だったかは解らないけれど、乗っててほんとにそうだなぁ、といつも思う。

楽に、速く走るために知っておくと良いかもしれない豆知識です。

集団走ってどれくらいメリットあるの?

ロードバイクで走る上で、集団(グルッポ、トレインとも)を組むと、どれくらい楽になるかというと…

実測データがある訳じゃなく、読みかじった話のでちょっと曖昧だが、先頭の受ける空気抵抗が100%とすると、30㎝後方の選手は47% 半分以下の空気抵抗で走れる…らしい!


f:id:ninomaeituki:20160410173657j:image



切っても切れない「前景投影面積」と空気抵抗

以前の「エアロ・ロード」の回でもちょっと触れたが、単純に前から見たときの面積を減らせば空気抵抗は減る。

当然、ハンドル位置を下げれば前景投影面積はへる…けど、ツラい姿勢だと長時間乗れないから、そこは自分のからだとよく相談しましょう。

リカンベントは実は効率的!?

リカンベントサイクル(俗称:リカちゃん)、という自転車を知ってるだろうか。

f:id:ninomaeituki:20160410174305j:image
こんなのである。
えー、見た目から解るとおり座って(寝そべって?)乗る自転車である。
なぜこの話を今するかというと、実はこのリカンベント、前景投影面積が一番少ない自転車と言われている。

実際比べてみよう。

f:id:ninomaeituki:20160410174530j:image


左から、
ロード(アップポジ)
ロード(ブラケット)
ロード(下ハン)
TTマシン
リカちゃん

である。

事実、フルカウルリカンベント(画像下)で、時速132㎞/hという恐ろしい記録を叩き出した事例がある。

f:id:ninomaeituki:20160410175456j:image
ここまで来ちゃうと、もう全くの別物だけどね…。

今回のまとめ

空気抵抗は確かにロードバイクにとって重要な因子ではある。が!
そこにこだわりすぎてツラい姿勢で乗ったり、変なとこにお金かけるのはなんか違うような…?

集団走で楽するために、少しだけ頭にあるといいかもね!