下ハン握って、アウターで。

大学時代の愉快なメンバーを中心に、ロードレーサーを縁にまた集まったり集まらなかったりする活動記録

向かい風の荒川ライドと秘密兵器。

ニノマエです。

 
話は少し遡り6月4日の土曜日。
前日夜遅くまでさなっぺとアンディ、ヒイラギの四人で飲んでいようが関係なく土日は走る。
 
アンディがヤビツに行こうと言うので、富士ヒルクライムも近いし多く登っておくのも悪くない、そう思い賛成しようとしたが、10時には解散したいなどと無理なことを言うので却下しておいた。
 
そんなこんなでさなっぺと二人、いつもの荒川ライドに。
 
ここ数日風が強い。
 
午前中は海から川上へ、夕方近くなってくると逆向きになる荒川沿いの強風は、すべてのサイクリストを等しく苦しめているようで、対向車線のローディたちは姿勢を低くし、ヒルクライムさながらにひぃひぃ言ってペダルを踏んでいた。
 
さて、対向車線が向かい風ということはこちらは追い風な訳で、僕とさなっぺは45㎞/hという冗談のような巡航速度でかっ飛ばしていた。
 
 
葛西臨海公園をスタートし、堀切を通過。岩淵水門で折り返す片道40㎞のコース。
 

f:id:ninomaeituki:20160605145526j:image
 
あまりに追い風が気持ち良く、軽々とスピードが出るものだから僕らはこの風が向かい風になったときのことを考えていなかった。
 
岩淵水門で道を折れ、橋を渡ろうとした時である。
ボゥ!と言う音と共にマシンが横へ持ってかれる。当たり前の話で、自分が向きを変えれば追い風は横風、そして向かい風へと変わる。
 
ようするに今度は僕らがひぃひぃ言う番なのである。マンマミーヤ
 
とまあ、ライドの話はこんなもので、本題はここから。
 
 
向かい風に耐えながらペダルを回していると、さなっぺから提案をうける。
 
「ニノさ、このあとの数時間でコンポ積み替えできる?」
 
ようするにこうである、
今、リドレー・フェニックスについているコンポ(くどい様だが駆動系パーツの総称だ)、アルテグラをすべて、組みかけで止まっていたlook・586へ積み替えると言うのだ。
 
しかし夜は夜で用事があるから、実質作業ができるのは2.5時間…
やってやろうじゃなァイ!
 
久しぶりにメカニックの血がたぎるぜい!
 
二時間で組み付けを終え、翌朝(つまりは那須への出発の朝だが)にワイヤー類の調整を完了した。
 
 
f:id:ninomaeituki:20160610092127j:image
 
フレーム重量
リドレー・フェニックス  1580㌘
         ↓             ↓
look・586              1290㌘(-290㌘)
 
ホイール重量
カンパニョーロ・ゾンダ     1550㌘
    ↓               ↓
マヴィック・キシリウムsls   1440㌘(-110㌘)
 
その他のパーツはほとんど使い回しなので変化なし。
しかし、総重量で400㌘軽くなった。
 
さぁ、どうなる富士ヒルクライム
目指すはブロンズリング!