下ハン握って、アウターで。

大学時代の愉快なメンバーを中心に、ロードレーサーを縁にまた集まったり集まらなかったりする活動記録

富士山中湖へgo!久々の長距離ライド


ニノマエです!

7月30日土曜日、快晴。…というか、暑い。

今回は富士五湖のひとつ、山中湖まで行こう!集まったメンバーはアンディ、さなっぺとぼく。

9時00分橋本駅集合、橋本駅から山中湖まで往復130㎞というハードコースにも関わらず、さなっぺは新宿から自走する、というので付き合うことに。さらに、ニノマエ家から新宿までも20㎞程度しかないので、自走。

ここで、よく考えるべきだった。このすべてのコースを往復で走りきると、250㎞とえげつない距離になるのだが、「まぁ、いけるでしょ」くらいの気持ちで強行。

間の話は端折るけれども、諸々あって出発の遅れた僕とさなっぺは9時00分橋本駅到着を目指すためにもショートカットと称し、多摩ニュータウンを突っ切るルートを選択。

多摩ニュータウンの道のイメージ
↗↘↗↘↗↘↗↘↗↘↗↘

結構なペースで回したが無事遅刻し、(9時20分頃着きました)山中湖へ向けて出発。

相模湖へ向かう途中、三ヶ木のバスターミナルで左に折れ(裏ヤビツルートと同じ)、宮ヶ瀬へは向かわず、標識に従い山中湖方面へと道志みちをひたすら行くコース。


地図でみる限り、山と山のあいだ、谷になっている部分を走るイメージだったので完全に油断していたが、始終アップダウンがあり、なんならちょっとしたヒルクライムコースだった。

イメージ
↗↘↗↘↗↘↗↘↗↘↗↗↗↗
最後に長めの登りもあります…。


道中、見通しの悪いコーナーでバイク(単車?)と大型トラックの衝突事故現場に出くわし、自分等も気を付けよう、と気を引き締める我々三人。どうかバイクの方が御無事でありますように、と祈るばかりです。



初めて走る道志みちはと言えば、裏ヤビツの道幅を広くした感じで、続くアップダウンと緑の風景。たまに農道風なところを抜けたり…と飽きの来ない景色。


f:id:ninomaeituki:20160730182634j:image

なにより、登りの長さが絶妙で(但し最後のは除く)「まだ続くのかよー!」って言いたくなるタイミングで終わりが見える。すぐ次の登りも来るけど…。


さて、登りも何度目かに入り、いよいよ僕、ニノマエのヒザが悲鳴をあげ始める。
というか、今朝から何となくイマイチで、家を出てすぐ落車、新宿―橋本間でさなっぺの後輪に擦り落車。道中、足をツった回数なんてもう何度やら…。

途中、道の駅「どうし」にてドリンクを飲みながら小川で足をひやしたり…と、だましだまし距離をかせぐ。


f:id:ninomaeituki:20160730182709j:image

今日のニノマエさんを一言であらわすならポンコツでした。

いよいよ山中湖につき、今回の目的であるうどん屋さん、「麺屋 天めん」へと向かう。知り合いのグルメライダーさんに教わったお店で、なかなか美味と評判のうどん、これは期待大。

3人とももうペコペコで、さなっぺなんて露骨に口数が減っていた。

勇み足で向かう途中、「営業時間11:00~14:00」という不穏な看板を見つける。
「何はともあれ行ってみよう。」ということで向かうも「本日休業日」の札。それ以前の問題だった。

完全にうどんの口なので、近くにあった別なうどん屋に入る我々一行。
しかし、うどんは残り1玉しかない、ということなので、各々好き勝手な注文を全員大盛りで。

さて、この大盛りがなかなかの大盛り具合で、豚カツ定食をなんとか食べ切ったさなっぺは満腹すぎて再び喋れなくなっていた。


f:id:ninomaeituki:20160730182736j:image

ふくれた腹をかかえ、再び山中湖へ戻り、記念にパシャリ。


f:id:ninomaeituki:20160730183708j:image

アンディとさなっぺは来た道を戻るルート、ニノマエはというと、情けなくもゴミ袋による緊急輪行で新宿へと電車に乗るのでした。
(富士吉田市指定の緑のゴミ袋がこれまたみすぼらしさを加速させるという…)

f:id:ninomaeituki:20160730183730j:image