読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下ハン握って、アウターで。

大学時代の愉快なメンバーを中心に、ロードレーサーを縁にまた集まったり集まらなかったりする活動記録

御新規2名様!江ノ島シラス丼ポタ

ニノマエです!

8月6日、土曜日。

ここしばらく快晴続きで嬉しい。



本日は、以前企画していて雨でお流れになった江ノ島シラス丼ポタリングのリベンジ。

中央林間をスタートし、境川CRを下り江ノ島へ向かう往復60㎞。
道中、大きい公園や飯田牧場など寄り道スポットも沢山あるので、休憩箇所には困らない良コースである。



今回のライドは、嬉しいことに過去最多人数の参加で、計7人。

ニノマエ、さなっぺ、アンディ
とまぁいつものメンバーに加え、
こくまろ、ふらぱん。
さらに、レンタルバイク参戦ではあるけれど、てんちょう、ちはたんの二名が参加!
f:id:ninomaeituki:20160807095937j:image


てんちょうには、毎度お馴染みのチームの代車の赤ジオス(ジオス・アルライト)。

ちはたんには、ロードバイクではないけれどスペシャライズド・グローブというハードテールのマウンテンバイク(オンロード仕様に魔改造済み)をそれぞれ貸し出し。

f:id:ninomaeituki:20160807100058j:image


車に自転車3台を積み込み、渋滞も考慮して朝の7時に家を出る。
が、高速はピクリとも動かず、下道もズブズブに渋滞…

ニノ「渋滞にはまりました、遅れます」
さな「自走で向かってるけど、迷った」
こく「最寄り駅前でパンクした」
ちは「定期忘れました!取りにもどります!」

あまりにもキレイに四人の報告がならんだのが可笑しすぎたが、一番の大遅刻をかましているので笑い事ではなかった。スミマセン…

結局、10時集合のはずが12時過ぎに出発。



初めて乗るマシンや、初であろう車道に最初は硬い面持ちだった初参戦組二人も、境川CRの本道へ入る頃には中々楽しそうに乗れていてとても良かった。


途中、境川CRを少し外れて寄り道をする。
コミック「ろんぐらいだぁす!」の2巻の表紙にもなっている飯田牧場さんです。

f:id:ninomaeituki:20160807095921j:image
昼過ぎとは言え多くのお客さん、チャリダーさんが集まっていて、バイクラックはほぼ満員状態でした。

各々、思い思いの味のアイスを注文、暑い日のアイスってやっぱり格別。



順調に、のんびりと江ノ島へ向かう。
いよいよ藤沢を過ぎ、路面電車の線路をまたぎ、海が見えた。
いい天気、いい景色。自転車の楽しみの原点ってここだよなぁ、とつくづく思う。

海沿いに少し走るとく江ノ島大橋が見える。江ノ島へ伸びる大きい橋で、本日の折り返し地点、往路のゴールである。

いくらポタリングでも、ゴールとなればやりたくなるのがスプリント。

橋の手前200mで飛び出す、さぁ誰がついてくる?
左へ折れ橋へ入るタイミングで後ろを見る、さなっぺ一人が追ってきていた。一騎討ちのスプリント勝負。ラスト100mで差され、またしてもさなっぺには勝てず仕舞いのニノマエでした。
f:id:ninomaeituki:20160807100908j:image



さて、シラス丼を目当てに来ているのだから食べなければ嘘である。
テラス席のある気持ちのいいお店、「江ノ島小屋」さん。お目当ての生シラスは売り切れていたけれど、釜揚げシラス丼をいただけた。ぷりっとしたシラスの塩味だけでいけるので醤油はあんまりかけなくても味がしっかりしてます。たいへん美味しゅうございました。
f:id:ninomaeituki:20160807100754j:image



江ノ島を出たのは17:30頃で、日も傾き大分涼しくなっていた。これくらいの気温が一番走りやすいなぁ。飯田牧場の近くを過ぎる頃には辺りはすっかり暗くなり、コウモリが飛んでいた。ライトを装備している人を先頭に安全なペースで帰路へつく。
f:id:ninomaeituki:20160807100922j:image



中央林間へ戻り、そのまま解散というのも味気ないので、〆のラーメン。
塩っ気が沢山汗をかいた体に染みる…。
f:id:ninomaeituki:20160807100811j:image


これだけの人数が一度に走る事がなかったので、どうなることやらと思っていたけれど楽しく走れたので大満足の一日でした。
うーん、生シラス丼リベンジしたいなぁ。