読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下ハン握って、アウターで。

大学時代の愉快なメンバーを中心に、ロードレーサーを縁にまた集まったり集まらなかったりする活動記録

納車!BOMA 'rasoa'

 

どーも!ニノマエです!

 

きゃっほーう!待ちに待ったこの時がやって参りましたー!

BOMA  CT-RA「rasoa」ちゃんです!


f:id:ninomaeituki:20170313231415j:image

 

かっこいいー!かわいいー!

 

えぇ、はしゃいでます。

 

 

さて、かねてからずっと同じくBOMAのCT-RE「refal」に乗っておりました、私ニノマエですが、なーぜに乗り換える事になったか。

 

1.コンポのシリーズが旧式に

リファールには6700系アルテがついておりました。えぇ、すでに2世代も前の系列です。

 

6800で11速になり、6870「Di2system」電動変速へと時代が変わっていくなかで、果たしてこのままで良いのだろうか…とか少し思いつつ。

あと6700と6800では圧倒的に前ギアの変則性能に差がある。

6700が「ヨッコイショッ!」

6800は「スッ…チャン!」

6870は…「ヴィッ!(モーター音」

軽い方がいいです、とーぜん。

 

2.進化の続くカーボンマシン

カーボンマシンの進化は目まぐるしい。

ほぼ研究され尽くして、スペック的に頭打ち感のあるアルミマシンと比べ、性能(と、当然値段)に大きく上下がある。

4年も前のカーボンマシンと言えば、現在の入門マシンやエントリークラスと性能的にはイーブン。

いくら気に入っていても、不満がないかと言えば…まぁ、ねぇ?

 

3.隣の芝が青い。

昨年中頃にRIDLEYからLOOKへとのりかえたさなっぺ。そしてふらぱんのコーダーブルーム、てんちょのピナレロと続くニューマシンウェーブ。

いーなーぁ、うらやましーなー。

新しいのほしーなー。

 

って言い訳を並べ出すと尽きないんですが…。

買っちゃったもんは買っちゃったしもうこれからはガッシガッシ乗ってきますよ!

支払いは任せたぞ、未来の自分!

 

簡単にスペック紹介

BOMA CT-RA「rasoa」

コンポーネントシマノ6870Ultegra-Di2

ホイール:マヴィックCOSMICカーボンSLS

 

ギアはセミコンパクトxワイドレシオの、52-36T×11-28T

 

エアロカーボンハンドルなど、随所に軽量化のための色々を取り入れ…7.2㎏!驚異の軽量マシンへとしあがりましたー!

 

それにしても、初の電動変速。

そして初のデュアルピボット直付けブレーキ。

勉強することが多そうです…。

 

なにより、ポジション出しをやり直さねば…。

いくらジオメトリが近似とはいえ、フレームの性格が全然違うもんだからポジションも出し直しです。

 

 


f:id:ninomaeituki:20170313235045j:image

 

つづく