読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下ハン握って、アウターで。

大学時代の愉快なメンバーを中心に、ロードレーサーを縁にまた集まったり集まらなかったりする活動記録

雨天撤退エンド、多摩川ライド

 

どーも、ニノマエです。

 

4月22日、土曜日。

雲量は9ってところで、なかなか芳しくない天気。

一応、予報をみる限り日が暮れるまでは降らない事にはなっているので、今週も今週とて走る。

 

参加メンバーはアンディとフラパン。

フラパンは午後から合流。

アンディは、実家へ置きっぱなしのロードを回収せねば走れない、との事でスタートは中央林間。

 

僕、ニノマエは新宿まで自走しそこから輪行

林間ー二子玉川をアンディと走り、昼にフラパンと合流、そこから多摩川を行き聖蹟桜ヶ丘の「1㎞坂」を登るというコースの予定。

 

 

中央林間から二子玉川まではひたすら246をたどる。

絶えずアップダウンが続き、中々に脚を削ってくれるルートではあるが、いい練習になったとは思う。

 

いかんせん坂の本数ばかりは多いので、色々とテストというか、試験的なことをすることが出来た。

序盤からダンシングをして、体内の酸素を削ると回復にどれくらい時間がかかるか、とかとか。

 

ちょいちょい坂ではアンディと抜いたり抜かされたりをしていた。

そんな途中、登りきったところで右側から急に左折してくる車が!

完全にこっちをみていなかった。おまけに左折と同時にウィンカーを出すものだからこっちとしても反応できず。

 

登りの最後でスピードが出ていなかったのも幸いし、後輪をロックして滑らせて無理矢理止まることで事なきを得る。

下り坂だったら間違えなく轢かれていた。

 

その横ではアンディが手を振り上げて車に怒っていた。

 

雑誌の標語「Share the road」じゃないけど、もう少し車とロードが歩み寄ることができればいいなぁ…。

 

 

 なんて、ちょっとしたハプもありつつも二子玉川へ到着。「お腹いたい、トイレー」と失せるアンディと入れ替わりでフラパンが合流。

 

昼めしと称し多摩川の河川敷でコーヒーとサンドイッチをいただく。

しょうもない話をしながら少しダラダラとしているとやや雲行きが怪しく、吹く風も少し肌寒くなってくる。

 

 

いそいそと三人で走り出すが、10㎞も行かないうちに、ポツリと落ちてきた雨はあっという間にザーザー降りになった。 

 

 

はい、撤収!!

 

いつだったか「ロードは全天候スポーツ」とのたもうた人がいたが、風邪を引いてはもともこもないので本日はここで終了。

 

次の週末は快晴を期待します!