下ハン握って、アウターで。

大学時代の愉快なメンバーを中心に、ロードレーサーを縁にまた集まったり集まらなかったりする活動記録

第11回東京ヒルクライムNARIKIステージ(男子チームside)

 

どうも、ニノマエです。

 

5月27日、土曜日。

快晴のなか車を走らせる。

後部座席にはホイールを外したラソアを乗せて、トランクにはその他の準備を積んでいる。

 

何の準備って、明日はいよいよ成木ヒルクライムである。

そして、前夜は昨年同様またしても車中泊で…青梅って宿すくないですよね。

 

今年の成木ヒルクライムへの参加は、僕 ニノマエと、さなっぺ、アンディと昨年の三人に加え ふらぱんが初参戦。

男子チームの部と女子ソロの部である。

 

夕方、夜営地にて荷物を整えたりしながら支度をする。

ふらぱん「ボトルの飲み口って洗えてます?この間開けてみたらカビが…」

ニノマエ「ここをこーやると飲み口だけとれて、ほら…」ポロッ

手からこぼれ落ちるゴムパーツ。

『あ』

そして転がって道の側溝、排水路へ落ちるゴムパーツ。

「いやぁぁぁぁぁああ」

喉を潰されたカラスみたいな悲鳴をあげるニノマエ。横で腹かかかえて爆笑するアンディ。ポカーンとしてるふらぱん。

 

明日、ぼくは飲み口のないボトルで走るようです。

 

 

風呂屋にて後発のさなっぺとも合流。

風呂につかって体をほぐした後は焼き肉、と完全に去年と同じ流れで前夜を過ごす。

 

夜、車のシートを倒したりなんだりして、各車寝れる体勢をとり、さなっぺ「ポケモンカードやるぞ」…言うかなー、と思ったけど何か落としそうなので持ってきてないですって。

アンディ「シートの隙間にコイン落とした…」

ほら、言わんこっちゃない。

まぁ夕方に飲み口落とした僕はなにも言えませんけど。

 

明けて、レース当日。
f:id:ninomaeituki:20170531202713j:image

受け付けをしながら、他の選手とそのマシンをしげしげと眺める。うわぁ…lightweightのホイール、いくらすんだアレ。

アンディは今年も計測チップの付け方を失敗していた。まぁ、落ちなきゃ良いんじゃないですか?

 

出走までは朝飯食べたり、ウォームアップしたりで各々の時間をすごす。

 

そしていよいよ出走。

ぼくら4人は第3ウェーブ。

去年は寝坊でかなり後ろからのスタートだったが、今年もウェーブのかなり後ろ手に陣取った。寝坊ではない。

 

1.2ウェーブがスタートし、いよいよ我々の番。

『10秒前!!』

深呼吸を大きくひとつ、ふたつ。

『スタート!!』

 

スタート直後からチームの走りはバラけた。

というのは割りと想定内で、「序盤の平坦区間に無理に周りのペースに合わせると、後半のエグいところで足がもたないから」ということである。

 

スタート直後に飛び出した黒ジャージさんが割りと良いペースなのでついていく。だいたい35km/hくらい。

そしてやたらと重たいギアで踏んでいるので3km地点くらいでバテるかな、という予想は的中。少し前に見えてきた他の集団の後ろへつく。

まもなく5㎞地点。ここまでは足をほとんど使わずに、良い調子で来た。

 成木の坂はいよいよ様相を変え、細く急な林道へ進む。
f:id:ninomaeituki:20170531202730j:image

 

ふっと振り返ると知った顔。アンディがようやく上がってきた。

 ニノ「さなっぺは?」

アン「まだ後ろ」

そう言ってアンディは一息にさらに上へ登ってていき、すぐにツヅラの先へ消えた。

 

そこからはひたすらインナー×ローで進む。

息を深く、回すペダリングで、前を抜く。それだけに集中できたのは良かったと思う。レース中に色々考え出すと、つい足が止まるので。

 

最後はスプリントで酸欠で吐きそうになりながらゴールし、今年の成木は終わった。

 

間もなくしてさなっぺもゴール。

その直後にパンクしたらしいが、そのタイミングではまだニノマエは酸欠でへばっていた頃だと思うので詳しいことはわからぬ。

 

ややあってふらぱんもゴール。

実はこちらがベルコン始まって以来の快挙を叩き出す事になるのだけれど、せっかくだから本人が書く方がいいかなと思うので割愛で。

 

 

男子チームリザルト ()内は昨年比

BelgianCompromised CycleTeam

チーム合計 1h44m54s (+00m39s)

チーム順位 10/14

 

アンディ 32m42s (-00m02s)

ニノマエ 34m19s (-02m17s)

さなっぺ 37m53s (+02m58s)

 

やっぱ、成木って攻略が難しいと思う。

後半につれて斜度は上がるし、前半後半の体力配分とかももちろん、後半は水なんか持てないからボトルの中身をどれくらい入れておくか、とかとか。

 

去年は終わった直後から「うおー、リベンジ!」みたいな気持ちだったけど、今年はいまいちそういうのなくスルッと終わってしまいましたが、来年も…出るのかなぁ?

 

つづく