下ハン握って、アウターで。

大学時代の愉快なメンバーを中心に、ロードレーサーを縁にまた集まったり集まらなかったりする活動記録

冬ウェアについて考える

どーも、ニノマエです。

だいぶ冷え込んで来ましたね!

 走りたいけど寒くて…って人とか、冬用ウェア高くて…って人、多いかと思います。

 

私ニノマエも冬用ウェア貧民の一人でございます。だって高いもの…

 

■はたして専用ウェアでなければいけないか

冬用のサイクルウェアは軒並み1万円越えしてきます。夏用が6、7千円で買えるのと比べると…。

冬になり肥えやすい体に比べ、財布は痩せていく一方です。

 

さて、じゃあユニク■とかし⚫むらとかの量販店の品で代用できないもんかと言う話です。

 


f:id:ninomaeituki:20171031183127j:image

はい、こちらはユニク■さんのポケッタブルブルゾンと言う商品、お値段は3,000円ほどです。

が、防風能力はサイクル用ウィンドブレーカーと大差無いです。

強いて言うならば自転車用ではないので背中の生地が短いのと、ポケット穴が無いくらいですか。(ちょっと裁縫に覚えのある人なら加工してしまえば良い)

ちなみに専用品は8,000円くらいします。

 

イデア次第でいくらでも代用効くと思いますよ。

 

■決め手は「ファーストレイヤー」にある

 「ファーストレイヤー」聞きなじみ無い言葉でしょうか。有り体に言って下着です、一枚目の事です。

 

通気性よく、かつ保温するという中々難しい役割を負う、このファーストレイヤー。

 


f:id:ninomaeituki:20171031184134j:image

スポーツの専用品は5,000円越え…

いえ、これでいて性能は素晴らしいです。実際、一枚使ってますけど秋口はこれに半袖ジャージで良いくらいですよ。

 

かといって練習にパカパカ使ってられませんよこんなもん。

12~2月くらいの練習走では長袖ヒートテックが役に立ちます。十分な通気性と保温性があるんで文句なしです。重ね着することを考えて、ロードで使う用はワンサイズ下にしてますね。

 

それに、重ね着だとこまめな調整もききますし。暑さ寒さの感じかたは人それぞれですから、自分に合わせることこそ大事です。

 

■これぞユニク⚫活用法

最近のユニク■は素晴らしいですね、安くて色々あって。

前述のヒートテック、上だけでなく下のロングタイツもあるんです。

 

真冬装備(例)

頭:メッシュニット帽(ユニク■)

  ヘルメット

上:長袖ヒートテック(ユニク■)

  夏用半袖ジャージ

  秋用長袖ジャージ

  ウィンドブレーカー(ユニク■)

下:ヒートテックタイツ(ユニク■)

  レッグウォーマー

  秋用長レーパン

 

■足先を守れ、話はそれからだ

ビンディングシューズは通気性と軽量化のため、スッカスカに作られている。

 足先、末端が冷えると体の芯が冷え、ガンガン体温が下がるのでこればっかりは防ぎたい。

 


f:id:ninomaeituki:20171031185512j:image

シューズカバーばっかりは専用品をおすすめします。多少高くてもこれは損しない買い物だと思いますよ。

 

同じ理由で、指先も保護しましょう。

かじかんだ手でブレーキがかけられなくて事故…なんて、いやですもんね。

 

■便利な小物たち

・スポーツ用耳当て
f:id:ninomaeituki:20171031185904j:image

真冬の敵は風。(いつだって風は敵だが)

耳が寒すぎてちぎれそうになります。

こういうのあると便利ですよ。

 

・使い捨てカイロ

パンクしたけどかじかんでて何もできん…!なんてことも、あるんです。(体験談)

お守りがわりに一個背負っておくと良いかもですよ。

 

■さいごに

ユニク■をやたら推しましたけど別に回し者ではないです。し⚫むらでもAE⚫Nでも良いと思いますよ?

 

それに、専用品を使うに越したことはないのです。専用設計がなされているということはその分の恩恵を受けられるのですから。

 

最後に言うのはこれだけです

防風!末端!重ね着!

 

寒さに負けずに、賢く暖かく走りましょうね。