下ハン握って、アウターで。

大学時代の愉快なメンバーを中心に、ロードレーサーを縁にまた集まったり集まらなかったりする活動記録

佐渡ロングライド210! 前編

 

どうも、ニノマエです!

「前日編」に引き続き、佐渡ロングライド当日(前編)に、なります。

 

朝…というか、夜中3:00。

聞きなれた携帯のアラームにたたき起こされる。

布団に入ってからの記憶がほぼ無いので、秒で寝たんだろうと思われる。

二人は割とすんなり起きてくれた。ベルコンは朝苦手マンが多いため、これは中々珍しい事である。

 

f:id:ninomaeituki:20180529195015j:plain

宿のかたの用意してくれたお弁当を受け取り、車へ乗り込む。

会場駐車場は満杯で、少し離れた(2㎞くらい)のところへ停めるように指示される…あれ、これ時間まずくないか?

 

Aグループの出走時間が近づくなか、車から自転車を取りだしバタバタと支度するも間に合わず、A2グループ出走へ遅刻。A3グループ後方からのスタートとなる。周りが3000番台のゼッケンのなか、2000番台の我々三人…

そしてニノマエ、携帯を忘れてくる大失態。写真は二人に任せた…

 

 

f:id:ninomaeituki:20180529194954j:plain

さあ、いよいよ佐渡ロングライドが始まる。

コースは佐渡島外周ぐるり…かと思いきや、意外とたまに内地を通るルート。落石の影響でコース変更がなされた110㎞地点は、成木ばりの激坂が待ち構える難所。今回が初のルートな様で俗な名前がついていない。ニノマエは勝手に「名無しの怪物」と呼ぶことにした。

 

他にも名物のZ坂や大野亀、小木坂と「ヒルクライム」とまではいかないながらもしっかりと登りの多いコース。しかし、足切りタイムは実はそんなに緩くない。ならばやれることは、ひとつ…

 

なるべく序盤でペースをあげてマージンを確保する作戦、名付けて

「序盤100㎞をなるべくハイペースでこなしてマージンを取る作戦」

そのまんま。

 

f:id:ninomaeituki:20180529194957j:plain

スタート→相川AS(エイドステーション)

出だしは追い風微風、悪くない。

昨日の天気が嘘のように、雲はどんどん東へ流れていき、西からは晴れ空が既に見えている。

 

 疾走、ベルコントレイン。コズミックの本領発揮である。左手に水平線を眺めながら35㎞/hくらいで巡航していく。ふみヤンにオーバーペースを心配されたが、まだまだ燃料は少しも削れていない。

 

相川ASへ到着。最初の20㎞は40分程で到着してしまった。

相川ASでは地のわかめの入ったお蕎麦、海草入りお粥、オニオンスープをいただいた。

気温はまだあまり上がっておらず12℃くらい。

暖かい食べ物が身に染みる…そしてお米うまい…

 

f:id:ninomaeituki:20180529195013j:plain

 

相川AS→入崎SS(スイーツステーション)

相川ASを出がてら「次は20㎞先、入崎SSだ!」と言うと『スイーツ!スイーツ!』と二人のテンションは爆上がり。女子ふらぱんはわかるとして、意外にもスイーツ男子ふみヤン。

 

f:id:ninomaeituki:20180529195000j:plain

さあ、そのテンションに比例するように巡航速度も上がっていく。下り基調?追い風?驚異の40㎞/h巡航。そして、常にトレインの頭に居たので気づかなかったが、振り向けば30人近くの大集団。…これは…アガる!

 

f:id:ninomaeituki:20180529195003j:plain

f:id:ninomaeituki:20180529195010j:plain

はたして、あっという間にA2グループ(のメインだろうと思われるあたり)までジャンプアップを果たし、ひとまず気持ち的な余裕を取り戻すベルコン三名。

せっかくの追い風なのに減速するのも勿体ない、その集団はそのままパスしてさらに前へ行く。「(こんな大トレインは)千葉以来っスね」と後ろからふみヤン。

いやいや、これはそれ以上だよ…。

 40㎞をこんなに早く走ったことは数える程度にしかないだろう。あっという間に入崎SSへ到着。

 

入崎SSではスイーツステーションの名の通り、甘味が我々を待っていた。大福、饅頭、きな粉もち(←絶品!)、マドレーヌ、カットフルーツ。ボランティアの女子学生が「フルーツ、めっちゃ切りたてー!」と叫んでいたのが地味にツボ。

 

f:id:ninomaeituki:20180529195007j:plain

ここでふらぱんは長ジャージをパージ。

ふみヤンと僕は長インナーなので、少し暑い気もし始めていたので、服装に関してはふらぱんが大正解だったかと。

 

 

入崎SS→はじきのAS

入崎SSを出るといよいよZ坂・大野亀と名物坂が2本現れる。

 

遠くからでもその姿がだんだんと見えてくる。文字通り、「Z」の形をしているからZ坂。

f:id:ninomaeituki:20180529195006j:plain

斜度で言うならさながらヤビツ表の蓑毛あたりか。

折り返して、Zの右上あたり。絶景…

f:id:ninomaeituki:20180529195350j:plain

 

下ってすぐに大野亀が見えてくる、と同時に登り始める。岩の形がほんとに亀の顔に見えるのだ。

 

登りは各々のペースで行かないと逆に消耗するので、てっぺんでふらぱんを待つ。が、どの坂もほとんどタイムラグなく登ってくる…オーバーペースも心配したが、表情には余裕がありそうだ。キシリウムパワーか…いや、強くなったんだろうなぁ。

 

 

はじき野AS→両津BS

島の角を曲がり、風は向きを変え向かい風になるが、 風に負けずに前を引く。

伊達に荒川の向かい風を何度もこなしてはいないつもりだ。

 

f:id:ninomaeituki:20180529195004j:plain

ぐいぐいと先頭を行きつつ、いくつものトレインをパスしてきた。まもなく両津BS。手元の時計で確認する限り、 獲得マージンは驚異の1h50s!

いける…いけるぞ!

 

 

いよいよ次は後編。お弁当とマッサージで回復した後、コース変更でできた驚異の登坂コースと小木坂、そしてゴールを目指します。